化粧品製造を行なう

カゴのタオルに乗せた花

コストを抑えたプランで製造が実現します。化粧品はOEMを活用することで製造が出来ます。安心の製品に仕上がります。

小ロット対応は難しいというのが実情です

化粧品を製造する場合、ロットよって仕入単価が変わります。同じ商品を多く作れば作るほど生産するには好都合で、品質も安定して効率も良くなり、製造単価を下げられるのです。しかし最少ロットでの生産となると、どこのOEMメーカーもコストを下げにくくなります。OEMメーカーに生産を依頼する販売会社もこのような実情は理解していますので、無茶なコストダウンを要求したりすることはほとんどありません。しかし化粧品業界は競争の激しい業界ですので、昨今ではこれまで以上に少ないロットでの生産を頼みたくなる商品もあるのです。しかしここに化粧品業界の泣きどころがあり、最小ロットで生産しても結構な数の商品が出来てしまうのです。

これまでにない少ない数での生産を請け負う企業も登場しています

現状、一般的な化粧品製造の釜は、100リットルとされています。これで商品を作った場合、30ミリリットル入りの商品に換算すると、3300本程度の商品が出来てしまいます。販売会社が依頼したい数量が1000本程度の場合、約2300本は売れ残って処分する可能性が高くなりますので、現状のOEM生産の常識ですと、1000本での発注は不可能なのです。しかし、こういった化粧品業界の悩みを解消すべく、100本単位で生産を請け負うOEM生産会社も現在は設立されたのです。また、化粧品製造の際には容器のロットも気になりますが、こういった会社では容器も100本単位で発注可能ですので、今後こういった会社が多く出来ることにって化粧品業界の生産体制も変化していくと思われます。

サービスの特徴

化粧品を製造するメーカーの中には、自社の製造ラインでは限界があり作ることができない化粧品があったときはOEMのサービスを利用して製造しています。種類や配合成分によって値段変化します。

Read more
化粧品の輸入

化粧品を輸入する場合、薬事法に基づき「化粧品販売許可証」が必要になります。 その前に、輸入したい化粧品が日本に輸入できるかどうかを判断することが大切になります。

Read more
上手に販売するために

カラコンを上手に販売しようと考えた場合において、最も効率的な方法なのが店舗での販売です。通販での販売も高い人気を誇りますが、実物を見て購入出来る店舗での販売のほうが有利になるケースは少なくありません。

Read more
このエントリーをはてなブックマークに追加