化粧品の輸入

利用する前に知っておく事

化粧品の輸入には「化粧品販売許可証」が必要です。しかし、せっかく許可を取得しても、肝心の化粧品が輸入できない場合もあります。 さらに化粧品製造許可や化粧品販売許可の取得には人件費などのコストも大きくかかり、行政への複雑な薬剤申請も提出しなければなりません。 加えて配合成分のチェック、通関、全成分の表示を経てようやく販売できます。 これらの専門的で複雑な輸入販売業務を一式代行するのが化粧品輸入代行サービスです。 化粧品輸入代行を利用した場合、自社では許可を取る必要がない為薬剤師等の人件費がかからず、薬事申請も自分でする必要はありません。

化粧品輸入代行のメリット

化粧品を毎月何度も大量輸入するのであれば、輸入代行を頼むよりも自社で輸入するほうがコストは削減できます。 しかし、毎月何度も大量輸入しないのであれば、輸入代行サービスを利用するほうが経費削減に繋がり、成分チェックや書類提出などの煩わしさに追われることもないでしょう。 また個人輸入にはリスクが伴い、成分に一種類でも医薬品の成分が入っていた場合化粧品として販売することができなくなります。配合を禁止している防腐剤や添加物にも注意が必要なため、リスク回避のためにも化粧品輸入代行を使うほうが安全といえるでしょう。 他にも化粧品輸入代行サービスを利用するメリットの一つに希少価値のある、日本では販売されていない商品や、流行の最先端の商品をいち早く手に入れることができます。 気に入った商品があってもわざわざ海外まで買いに行くことができない時にも利用でき便利です。

このエントリーをはてなブックマークに追加