サービスの特徴

化粧品メーカーでは、自社の製造ラインでは作られない化粧品を委託してOEMで製造するケースがあります。また、ヒット商品で自社の製造ラインだけでは対応しきれない場合などもOEMの工場で製造することも多くあります。OEM会社は、化粧品メーカーの希望に合わせて様々なものを製造しています。そんなOEMの化粧品の値段ですか、種類や配合成分などによって金額が異なります。相場として、化粧品の販売価格の10から30ぱーくらいが加工費と原料費となります。訪問販売のように、販売員が多かったりするものは、販売価格に占める加工費、原料費の割合は低くなるケースが多いです。それは、販売員などにら支払われる金額などおおいからです。

化粧品は、現在、低価格化路線のものと超高級価格帯路線の2つの方向性があります。そのため、OEMを行っている会社も化粧品会社の方向性に合わせて様々な化粧品をOEMできるように工場のラインなども整備しなければなりません。OEMの価格の傾向として、超高級価格帯路線のものを製造する場合は、容器など一般の形でない場合も多くあります。そのため、それらの容器でも生産できるように設備費が新たにかかるケースが多いため、製造費も高くなりがちです。低価格化のものは、一般的に設備費もかけないで行えるもので対応することが多く、設備費は付加されず、製造加工費のみの価格となるケースが多く、安く化粧品を作ることができる傾向にあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加